葬儀・お墓のプロ専門コールセンター

〈解決2〉貴重な電話データを残す

貴重な電話データを残したい 電話という入口から受電する、それはすなわち「データ」です。

繰り返し聴ける電話「データ」が無いリスクとは

例えば、トラブルのときに聴いて検証できないということは、部署の責任者はそもそもの経緯を、社員から又聞きして判断することになり、精度が弱くなるため、お客様との間にほんとうはどのようなやり取りがあったのか正確に把握することが困難になります。そうなりますと、トラブルの対応も曖昧なまま行わなければならなくなります。

電話口で受けるトラブルというのは、請求資料への疑問や、特定社員への指摘や、現場についてのクレームなど様々です。
これらの対応が集中する電話データを評価することによって、実は会社全体として何が課題になっているのかも、垣間見ること、把握することができます。

コール録音機器

【いつでもコール24】では全てのプランで「データ録音」を行っています。

データの管理には最新鋭のデータ管理機器を導入しています。

受電時に聴き取りする『マーケティング用統計』の基本設定は「スタンダード」「ファースト」の二つのプランに設定されています。

受電のデータそのものを統計化する「データ統計」は「ファースト」プランのみに設定されています。

>>「こんなことで、お困りではありませんか?」項目に戻る

▲このページの先頭へ